2007年06月29日

インカ文明 マヤ文明 アステカ文明

かわいいインカ文明 マヤ文明 アステカ文明かわいい


インカ文明の掲示板BBS
サーチ(調べる)NHKスペシャル 失われた文明 インカ・マヤ DVD BOXサーチ(調べる)

かつて中南米に栄え、多くの謎と伝説に満ちた三大文明、インカ・マヤ・アステカ
中米のマヤ文明アステカ文明、南米のインカ文明。中南米に栄えた三大文明は、今でも多くの謎と伝説に満ちている。密林にそびえるピラミッドの王朝「ティカル」、湖上に浮かぶ都市「テノチティトラン」、天空の都「マチュピチュ」。この地域は『世界遺産の宝庫』として世界中の人々から注目されている。新大陸に生きた人々と文明の全体像を描き出し、人類のつくりだす文明の多様性と普遍性を紹介するとともに、複雑な現代社会を人々が生きることの意味を考える。



位置情報vol.1 アンデス ミイラと生きる
南米大陸の西側を貫くアンデス山脈に巨大国家を建設し、言葉の違う約80の民族をわずか半世紀で統一したインカ帝国。
アンデス山中に建設された空中都市マチュピチュを中心とした繁栄の裏には、死んだ者をミイラとして敬い、共に生活するという彼ら独自のミイラ文化があった。

位置情報vol.2 マチュピチュ 天空に続く道
13世紀に成立し、15世紀に9代目パチャクティの統治により栄華を極めたインカ帝国。首都クスコと別に山奥に空中都市マチュピチュが、王の住居として建造された。
文字を持たなかったインカ帝国が、厳しい自然の中で、周辺の民族を束ね、巨大帝国となり得た秘密を、マチュピチュは私たちに教えてくれる。

位置情報vol.3 密林が生んだ二千年の王国
中央アメリカに広がる熱帯雨林。鬱蒼と密林が茂り、大きな川もないこの過酷な地で古代マヤ文明は誕生・発展した。
およそ70あまりの都市が点在し、厳しい自然条件の中で、お互いを滅ぼし合うことなく共存し、文明を支えていた。
都市の繁栄と豊かな実りを得るために、マヤの人々はどんな工夫をしてきたのか。マヤ文明の古代都市・ティカルを検証し、その秘密を探る。










イベント失われた文明「インカ・マヤ・アステカ」展 開催スケジュール
http://www.3bunmei.jp/

位置情報国立科学博物館(東京・上野)
 2007年7月14日〜9月24日

位置情報神戸市立博物館
 2007年10月3日〜12月24日

位置情報岡山市デジタルミュージアム
 2008年1月11日〜3月16日

位置情報福岡市博物館
 2008年3月25日〜6月8日












ひらめきインカ文明ひらめき



ひらめきマヤ文明ひらめき



ひらめきアステカ文明ひらめき











本NHK探検ロマン世界遺産本



本古代文明本

























るんるん絶景

posted by 気になる出来事 掲示板 BBS at 13:57| 美術 展覧会 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。