2007年04月27日

マシンハヤブサ

ひらめきマシンハヤブサ DVD-BOXひらめき
マシンハヤブサ

1976年4月〜9月、テレビ朝日系にて放映された、「ワイルド7」等で知られる望月三起也とダイナミック企画によるレーシング・アニメ。第1話「走れ!栄光のマシン」から最終第21話「走れハヤブサ!勝利のチェッカーフラッグ」までを一挙に収録。初回限定生産。

1:走れ!栄光のマシン
2:アルプス大爆走
3:恐怖!地獄の鍾乳洞レース
4:魔王エイハブの謎
5:ゴーストタウン爆破サーキット
6:必殺!ブラックインパルス
7:カリブ海黒ダイヤサーキット
8:さくら号発進せよ!
9:魔のアフリカロードレース
10:トルテカの迷宮レース
11:エンジンV3誕生!
12:宿命のライバル流れ星の竜
13:片輪走行で突っ走れ!
14:レースの道は剣の道
15:愛はサーキットの彼方に
16:野望の大草原猛獣レース
17:魔の試走車X1号
18:友よ聴け!エンジンV4
19:SOS!ハヤブサ視界ゼロ
20:走れカミカゼ!友情のゴール
21:走れハヤブサ!勝利のチェッカーフラッグ
















車(セダン)マシンハヤブサ ミニカー車(セダン)
ミニカー

「マシンハヤブサ」
全長5.7m,全幅2.9m,重量650kg,前輪2輪、後輪2輪。コックピットを左右のボディで繋いでいるのがデザイン上の特長である。V1?V5のキャバリーエンジン(単発?5発のターボジェット型)を換装する事であらゆるレースに対応できる。バックミラーがない代わりに後方監視用のモニターカメラが付いている。(1970年代の車である)
 ハヤブサV1エンジン:サーキット用で逆噴射装置付。
 ハヤブサV2エンジン:砂地等のオフロード用。
 ハヤブサV3エンジン:隼剣の父で工学博士の正義が開発した、上り坂に強い高回転高トルクの画期的なエンジン。15000回転で最大パワーを発揮し、この時、ジェット噴射の色がエメラルドグリーンに変わる。(なお、V3エンジンには不調域があり、13000回転に達すると、ジェット噴射の色が黒煙を含んだ赤い炎を噴射し、異常振動が発生する。この時点でエンジンの回転数を落とすとエンジンが爆発してしまう。)
 ハヤブサV4エンジン:ハンドルに連動して左右のエンジンが片側ずつ逆噴射するコーナリング性能重視のエンジン。
 ハヤブサV5エンジン:V1からV4までの特性をすべて持たせたエンジン。アフターバーナー付きで、全開にすると路面の陥没や幅の狭い川などを飛び越えられる。

「マシンガンテツ」
全長5.7m,全幅2.3m,重量570kg,前輪1輪、後輪4輪。

「マシンムツ」
全長4.5m,全幅2.2m,重量410kg,前輪2輪、後輪4輪。

「マシンカミカゼ」
全長4.5m,全幅2.1m,重量400kg,前輪2輪、後輪2輪。前後に2基の大型ローターを内蔵し、短時間のホバリングが可能な異色のマシン。

「マシンヤマト」
全長3.8m,全幅2.3m,重量320kg,前輪2輪、後輪2輪。異形デザインの多い中、一番まともに見えるマシン。










遊園地レーシングアニメDVD遊園地

グランプリの鷹




マッハGOGOGO




よろしくメカドック











車(セダン)ミニカー車(セダン)




マッハGOGOGO マシンハヤブサ グランプリの鷹 DVD
気になる出来事 掲示板 BBS 懐かしのテレビアニメ
posted by 気になる出来事 掲示板 BBS at 11:02| 懐かしのテレビアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。