2009年03月15日

仏教 諸行無常 諸法無我 涅槃寂静

釈迦が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹



インドのブッダガヤ釈迦が成道した菩提樹


仏陀の仏像ポスター





仏教 『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)

仏教は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダルタ)を開祖とする宗教。
仏教とは一般に、仏陀(目覚めた人)の説いた教え、また自ら仏陀に成るための教えであるとされる。
約2500年前(紀元前5世紀)にインドにて発生。
仏教の教義はあらゆる生命の住む世界を「世間」とし、そこでの生き方に関する教え(世間法)と、それらを越えて悟りに至る教え(出世間法)との二軸で構成される。
三法印(3つの根本思想):諸行無常、諸法無我、涅槃寂静



お釈迦様の言葉と仏教の教義
ひらめき 「ブッダのことば―スッタニパータ」
 仏教書のうちで最も古い聖典.後世の仏典に見られる煩瑣な教理は少しもなく,人間としての生きる道が,ブッダとの対話のなかで具体的に語られる。





位置情報財団法人 全日本仏教会
http://www.jbf.ne.jp/

位置情報Buddhism Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Buddhism





瞑想の動画
ぴかぴか(新しい)「実践 ブッダの瞑想法」 (DVDブック)
 ブッダが悟ったヴィッパサナー瞑想を日本人に合った形で実践的に紹介。初心者〜上級者まで、瞑想がマスターできる本格DVD付。







仏像




TV「NHKスペシャル ブッダ 大いなる旅路 」
1 インド・輪廻する大地 ~仏教盛衰の2500年~
古代インドでは、人間は永遠に生と死を繰りかえすという「輪廻転生(りんねてんしょう)」が信じられていた。ブッダの足跡を追いかけながら、インドを舞台にブッダ80年の波乱の生涯と、仏教盛衰の2500年を描くプロローグ。

2 黄金のパゴダ ~ミャンマー・祭りと葬送の日々~
ミャンマーは、国民の90%以上が仏教徒である伝統的な仏教国であり、135もの民族が同居する他民族国家でもある。固有の精霊信仰を持つ各民族を統合しているのが仏教であり、そのシンボルとして黄金や宝石に輝くパゴダ(仏塔)が存在している。パゴダの周りに貧困と至福が同居するミャンマーの村にブッダの足跡を見る。

3 仏像 誕生と流転 ~ガンダーラ・バーミヤン~
ブッダの死後およそ500年間、仏像はつくられることはなかった。ところが紀元1世紀頃、ガンダーラに突然仏像が出現する。当時のガンダーラは、戦乱にあえぎ、救いを求める人々の間にはブッダを再び見たい、その言葉を聞きたいという願望に満ち満ちていた。バーミヤンの大仏の映像を交え、仏教誕生の謎を探る。

4 タイの僧院にて ~生きている仏教~
仏教はタイの国教である。国民の95%が仏教徒で成人男子の60人に1人が僧侶であるといわれている。男性は一生に一度は出家して修行をしないと社会的信用が得られない。メーチーと呼ばれる女性修行者や末期のエイズ患者を受け入れる寺など、揺れ動くタイ社会の中で、仏教の果たす役割を紹介する。

5 東方の観音楽土 ~変容する仏たち~
儒教の考えが存在する中国では、親孝行を説く教典「盂蘭盆教(うらぼんきょう)」によってブッダの教えを受け入れ、人々の苦しみを救い、願い事をかなえるとされた「観音菩薩」に信仰が集まっている。一方、台湾では、仏門に入る女性が年々増加している。中国や台湾で、独自に変容を遂げた仏教の姿を、人々の暮らしの中からみつめる。





サーチ(調べる) あなたの興味のある宗教は?




素敵な情報 画像 掲示板 BBS 仏教


posted by 気になる出来事 掲示板 BBS at 22:58| 本 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。